avatar
飯島 裕之
マーチャントクラブ広報委員 / 取材担当の飯島裕之(KunKun)です。この記事では、マーチャントクラブに所属する経営者へのインタビューを通じて、その人の魅力に迫りながら学びをお伝えします。

今回取材するのは、クラブNO.141・ティアラ株式会社代表取締役・相羽みうさんです。

100名を超える女性が在籍するビジネスコミュニティ『TBA (ティアラビジネスアカデミー)』を主催し、リーダーとして指揮をとられています。また、一方では現役バリバリのプレイヤーとしてYouTube・Amebaブログ・オンラインサロンと様々な媒体で精力的に外部に向けての情報発信を続ける。

そんな彼女の観点から、マーチャントクラブに入会したキッカケやクラブ在籍後に実感した変化について語って頂きました。マーチャントクラブの女性メンバーの中には、元々TBAにも在籍していた方も多数います。

そんなコミュニティのトップに立ち主催者として多くの人をまとめあげる相羽みうさんが感じるマーチャントクラブの魅力とは何か。コミュニティ主催者側の経験も、参加者側の経験もある彼女による必見のインタビュー内容をお届けします。

クラブNO.141・相羽みうプロフィール

ティアラ株式会社代表(夫婦で仕事してます)相羽みう


平成生まれ、京都出身、夫と大阪市内で二人暮らし。13才からアフィリエイトサイトを運営し、人気副業OLブロガーを経て20代で夫婦揃って起業。

好きなことを仕事にしたい女性に向けて、子どもの頃からインターネット大好きな経験を活かして、集客やセールスをウェブで自動化する方法をお伝えしています。

受験も就活も上手くいかずに消えてしまいたいと思ったとき、インターネットに人生を救われた経験から起業。

・No.1 ビジネス系女性YouTuber
・無料オンラインサロン参加者7,000人
・女性限定ビジネスアカデミー『TBA(ティアラビジネスアカデミー)』主宰


仕事:
ウェブでものをつくったり売ったり、オンラインサロン主催したり、セミナー講師、動画制作、イベント企画運営、メルマガ配信などおもしろそうと思ったこといろいろやってます。

趣味:
海外旅行、リアル脱出ゲーム、これから来るぞ!っていうYouTuberを探すこと、恋愛リアリティーショー、行きたい場所をグーグルマップで探索、ジャニーズ

好きなもの:
ポムポムプリン、シナモロール、すみっコぐらし、King&Prince、JO1、IZ*ONE、とにかくかわいいもの大好き

好きなブランド:
Apuweiser-riche、ブルーレーベル・クレストブリッジ、JILL STUART


ティアラ株式会社代表取締役・相羽みうのブログはこちら

マーチャントクラブ入会は…当時在籍していたコミュニティリーダーの紹介がきっかけ!

飯島  みうさん本日はよろしくお願いします。早速なんですけど、まずはマーチャントクラブに入会したきっかけや理由をお伺いできますか?

相羽みう はい。私は『OEC』っていうコミュニティを運営れている海江田さんのところでビジネスを学んでて、一応在籍して1年経ったら卒業!って感じで強制的にフリーになるんですけど、その時「次何しようかな」って悩んでて。

海江田さんに相談したときに紹介してもらったのがマーチャントクラブでした!

飯島  マーチャントクラブの事を知らない状態から、海江田さんに紹介してもらったって事ですか?

相羽みう そうですね! もう間も無くOECが終わる(卒業)ってなった時に…制度として継続もできるんですけど、海江田さんから習った事は全て実践した中で「なんか今後どうしよう」って相談したんですね。

その時に「マーチャントクラブには実業の方とか、色々なジャンルの人がいる」「そこで色々な経営者さんに会って、やりたいこと探してみたら」っていうアドバイスを頂いた上で紹介してもらいましたね。

飯島  なるほど!今みうさんの口からOEC(海江田さんが主催するコミュニティー)というワードが出ましたが、そういった他のコミュニティにも属してきた中でマーチャントクラブはココが違う!みたいなものはありますか?

相羽みう あー!『リアルが凄い充実している!多い!』ですね。

私が所属してきたビジネスコミュニティはリアルで学べる場が用意されているものはそんなにありませんでした。学んできたジャンルとして『ネットビジネス』とか『アフィリエイト』とかが多かったからかもしれないですけど、基本的にオンラインで完結できるものほとんどで、直接会うような機会や場はあまりなかった感じです。

マーチャントクラブはリアルが充実していますよね!

あとなんか、マーチャントクラブは懇親会で言っても2次会3次会と続きますよね(笑)実は“2次会3次会と続いてから”が面白いんですよね(笑)

飯島  たしかに(笑)朝まで飲んでますよね!

相羽みう 私は朝まではないんですけどね(笑)でもそうですね。朝まで飲んでいるメンバーもいます!

飯島  みうさんは途中で帰ってるんですか?

相羽みう そうですね!さすがに3次会までで帰ったりですね。ダーツとかは行ったことあります(笑)

あとは勉強会で遠征に行くとかもたまにあって!北海道とか、九州とか、湘南とか。それが楽しいですね!!

飯島  みうさんは遠征も参加されてたんですね!?

相羽みう そうなんです!遠征めちゃめちゃ行ってたんですよ。入って1年目の時から。

で、札幌とかになるとさすがに参加者が10人ちょっととかしかいなくて。で、事前に現地に前乗りしている参加メンバーとかもいて!暇人メンバーみたいな(笑)

でも、そういうメンバーの方と話すのがすごい楽しいですね!ある程度ビジネスが回ってたりとか、フットワーク軽い経営者さんが集まってるからというのがあるんだと思います。

『遠征しての勉強会』はマーチャントクラブ特有だと思うし価値があると思うので、すでにマーチャントクラブに所属しているメンバーさんに対しては「遠征こそ行った方がいいな」って思います。

リアルで色々な経営者と繋がれて世界が広がった!オンラインで完結している人には特におすすめ

飯島 ありがとうございます。そんなマーチャントクラブに「実際入ってみて良かった事」と「どんな方におすすめか」みたいな事をお伺いしたいです。

相羽みう そうですね。結構ビジネスに集中する中で『リアルの繋がり』っていうのが私自身本当に少なくなってたから、色々な人との出会いがあったのはすごい良かったなと思ってます。

で、私自身もコミュニティを運営してる中でゲスト講師を毎月招いてたんですけど、結構マーチャントクラブメンバーの方にもセミナーをしていただいたりとか、懇親会に来ていただいたりとかして、とてもお世話になりました!

マーチャントクラブ主催者の菅さんにもセミナーしてもらったことあるんです。

そういった感じで、私の運営しているコミュニティのメンバーさんと、マーチャントクラブのメンバーさんが知らない間に仲良くなってたりとか繋がりで来てたりとか!

飯島 それは面白そうですね!

相羽みう そう!それがすごい良かったところかな!と思いますね。世界が広がった感というか。

で、「マーチャントクラブはどんな方におすすめか?」についてですが、『ビジネス展開がオンラインだけになってる人』におすすめです。オンラインで完結させるより情報量が全然違うな!と感じたので!

飯島 でもなんか…僕もそうなんですけど、どうやらみうさんも人見知りらしいじゃないすか?(笑)

相羽みう そうです!そうです!そうなんです!

飯島 なんかそんな中でオフラインで実際に人とガンガン会う!みたいな事をするのは結構きつくないですか?

相羽みう うーん。たしかに本音を言うとキツイです(笑)その時の気分によりますね!

でも、誰かに会いたい気分の時もあるんでね。

例えば、なんかピンチの時とか、時間に余裕が出来た時とか、人と会いたい気分になった時なんかに、選んで行ける!っていう場があるだけでも全然違うなって思うから。うん。

菅さんの魅力は相手の実績とか経歴とか関係なく接してくれるところ

飯島 なるほど!ありがとうございます。あとはみうさんから見たマーチャントクラブ主催者である菅智晃さんの印象をお聞きしたいです。

相羽みう 菅さんはもうほんまにめちゃめちゃフレンドリーで!いわゆる『ネットビジネス』っていうのがね黎明期と言われたぐらいの時から活動されてると聞いてて、めちゃめちゃビビってたんですけど(笑)

マーチャントクラブに入るときの面接で、はじめて通話で喋ったのを覚えています!

飯島 一応なんかそういうのあったんですか!面接みたいな!

相羽みう そうですね!面接というか…何か菅さんも私の方もお互い「どんな人か?」を詳しく知らなかったんですよ。海江田さんを通じてしか知らなかったんで。

1回どんな人か?お互いに知る意味でもちょっとマーチャントクラブの説明を受けつつお話しをしたんです。

で、通話日程が決まってから当日をむかえるまでの間、菅さんが私のYouTubeとかブログとかを事前に見てくださってて感想とか凄いたくさん下さって。

あの『フレンドリーさ』というか『みんなと仲良くできる』っていう部分は、菅さんの素晴らしいところだなって思いますね!

相手の良いところを探してくれるし、実績とか経歴とか関係なく誰とでもフレンドリーに接することができる。そういう所が凄いと思うし菅さんの魅力だと思いますね。

なのでこの記事を見ている方にも、ぜひ菅さんと積極的に関わってみてほしい!と思いますね!本当になにかしら共通点あると思いますよ!多趣味やし(笑)どんな話にも興味持ってくださるので。

飯島 たしかに(笑)

比較的少人数の時を狙って…『部活』『作業回』等の企画を有効活用すると良い

飯島 最後に、これからマーチャントクラブに入会する方に向けて「クラブに入ったらこうした方が良いよ!」という、みうさんなりの立ち回り方を聞かせてください。

相羽みう そうですね。入会したあとは、絶対何かしらリアルで会える企画に参加した方が良い!!懇親会だけとかでも良いと思います!飲みに行くだけとかでも良いと思いますし。

比較的少人数で行われている所を狙った方が深くじっくり交流できるので『部活』とか『作業会』みたいな企画に参加してみるのも良いですよね!

あとは、入会して最初の方にすぐに参加した方が、すでに面識のある人が他の(まだ面識のない)メンバーに話してくれたりとかしますよ!

そうして「〇〇さんと喋ったよ」みたい中で繋がりが出てくると、さらにまた他の人と喋りやすくなったりすると思うから。もちろん主催者の菅さんと話すとかでもいいと思いますし。

そんな感じでリアルで会える場を活用して徐々に繋がりを広げていくのが良いのかなって思いますね!

インタビュアー / 飯島裕之

飯島裕之(kunkun)/ 企画構成作家


1985年東京都江戸川区生まれ。企画構成作家、HIPHOPクリエイター。

2016年の12月、菅智晃氏からの教材購入をきっかけにアフィリエイトに参入。開始1年で会社員としての月収を超え個人事業からの収入基盤を確立。

その後、総購入者数7千人を超える人気ビジネス教材の講師に就任、5万作の電子書籍の中から優秀賞を受賞するなど瞬く間に頭角を表す。これまでの指導実績は上場企業も含め7社・500人以上。

現在、数多くのイベント主催から培った企画力・Web販売から培った販促力を機軸に、売上に伸び悩む実業家やクリエイターの『Web制作』『サービス設計』『企画提案』などプロデュースに従事。裏方として黒衣に徹しながらも、ブレイクダンス/グラフィティアートなど、エンターテイメントの分野に長く生息してきた事からHIPHOPクリエイターとしての顔も持ち合わせ、アート創作の仕事もひっそりと受注を続けている。